子宮蓄膿症の診断、外科的or薬(内科的)治療とちょっと焦った症例

この記事は2分で読めます

動物病院で子宮蓄膿症はよく遭遇する病気ですが、治療が遅れたり腎不全などの合併症で亡くなる事もある病気です。

名前の通り子宮に膿がたまり、体調を崩す病気です。

子宮の膿は細菌感染が原因で、その細菌が毒素(エンドトキシン)を出し下記のような症状が現れます。

2017-02-07_204511

症状

生理後1~2か月でなりやすいと言われている。黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が関与している。

食欲がなくなる 元気がなくなる 嘔吐 多飲多尿があります。

多飲多尿は教科書的には必ず載っていますが、特に飲水量も尿量も変わらない患犬が結構います。

陰部から膿や血が出ている。開放性子宮蓄膿症といわれ、なにも出ていない患犬(閉鎖性子宮蓄膿症)の方が、飼い主も気が付きにくく、毒素もたまり易い為重症化する傾向にある。

診断

子宮は正常だと超音波にはっきり写ってこないのですが、子宮に膿がたまると超音波で簡単に検出できるようになります。

2017-02-07_204722

血液検査でBUN(血中尿素窒素)CREが上昇しているときはエンドトキシンショックの可能性もあり命に危険があります。

白血球は普通上昇しますが、特に正常範囲のものもいます。 だいたい術後に上がってきます。

CRPという急性炎症を示す値が上がりますが、いろいろな病気で上がるので参考程度で測定することもあります。

理由ははっきりしませんが、血液検査でALKPが上昇していることがまあまあ有ります。

スポンサーリンク

治療

基本的には手術で卵巣と子宮を切除摘出します。(子宮に膿がたまる病気ですが、必ず卵巣も一緒に摘出します)

高齢で手術できない、将来的に子供産ませる予定があるなど。その場合は飼い主さんと相談の上薬を選択することもあります。

以前はプロスタグランジン製剤を使用していましたが、嘔吐やよだれ、下痢などの副作用の症状が多く、心臓の悪子には使えない。

閉鎖型の子宮蓄膿症に使うと最悪子宮破裂を起こすというとても使いにくい薬です。

 

それに代わって出たのが、アグレプリストン(アリジン)です。

2017-02-07_204917

大きな副作用もなく、使いやすいが、やはり子宮蓄膿症が再発する可能性はあります。

こらもあくまで外科的に手術を望まれないに限ります。

外科手術がより根本的治療法なので内科治療を行っていない病院もあり。

どの病院にもあるというわけではありません。

 

獣医師にとって子宮蓄膿症は、大抵は術後の経過もよく、とんとん拍子で治っていく病気なので気が楽ですが、

中にはDIC(播種性血管内凝固)や腎不全などを起こし経過が思わしくない患犬もいます。

あと非常にまれなケースですが、以下のような症例を経験したことがあります。

その患犬は子宮蓄膿症という診断で他院から紹介されてきました。

手術後1日目は食欲も戻り調子が良かったのですが、2日後から少し食欲がなくなり

エコー検査を行うと腹膜炎を起こしていました。

術後の重度の腹膜炎と診断し、開腹してお腹の中を洗うことにしました。

そしていざお腹を開けてみると少しの腹水と一緒に黒いゴミのようなものがお腹に散乱していたのです。

その黒いものは胆泥(胆嚢内の胆汁がドロドロになって固まったもの。胆石に近い)でした。

結果胆嚢が破裂していたのです。

急遽胆嚢を切除する手術を行い、その後元気に退院していきました。

おそらく術後2日目までは調子が良かったのと、お腹を開けても何もなかったので

手術後に胆嚢が破裂したと考えられます。

超音波検査で子宮蓄膿症と診断がついても他の臓器もチェックしないとダメだなという教訓をもらった症例でした。

ですのでよくある病気の子宮蓄膿症ですが、何が起こるかわからないので、決して油断はできないのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。